TOP > 関東 > 利根川(岩神地区)

利根川(岩神地区)

とねがわ

基本情報

水と親しむ憩いの場

拡大写真
  • 利根川(岩神地区)
  • 利根川(岩神地区)
  • 利根川(岩神地区)
  • 利根川(岩神地区)

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1994年(平成6年)~2005年(平成17年)~
建設の背景(由来・ストーリー):利根川中流圏域における過去の大きな水害は、1947年(昭和22年)・1948年(昭和23年)・1949年(昭和24年)・1959年(昭和34年)・1966年(昭和41年)・1982年(昭和57年)・1991年(平成3年)・2002年(平成14年)に発生しています。
なかでも1947年(昭和22年)のカスリーン台風は、当地域だけでなく群馬県全域で未曾有の大災害をもたらしました。
また、1982年(昭和57年)9月の台風18号においても大きな被害が発生しています。最近では2002年(平成14年)の7月に床上浸水を伴う水害が連続して発生しています。
利根川中流圏域における治水事業は、広瀬川、その支川の粕川(下流)、桃ノ木川とその支川の寺沢川・藤沢川・赤城白川の合流部については改修をほぼ完了しています。また粕川の支川の西桂川と山伏川についても改修を行い完了しています。
粕川(上流)については1980年(昭和55年)より中小河川改修事業として着手されている。
韮川(にらかわ)は、1962年(昭和37年)に小規模河川改修事業として最下流部(広瀬川合流)の改修に着手し、1964年(昭和39年)より放水路、1969年(昭和44年)より中流部、1972年(昭和47年)より上流部の改修に着手し、現在までに完了しています。なお、1983年(昭和58年)より最下流部と放水路の間の改修が進められています。
大川は1975年(昭和50年)より改修事業が進められ完了しています。
荒砥川(あらとかわ)の支川の神沢川は、1960年(昭和35年)~1968年(昭和43年)、1982年(昭和57年)~1985年(昭和60年)までの期間に改修が進められ、宮川は1975年(昭和50年)より改修が進められました。
桃ノ木川の支川の寺沢川は1996年(平成8年)より、藤沢川は1988年(昭和63年)より改修が進められています。
竜の口川は、1996年(平成8年)より改修中です。
早川は、1971年(昭和46年)から中小河川改修事業として改修が進められ完了しています。
出典:群馬県icon
施設の役割:〔治水効果〕
利根川の前橋公園付近は水衝部(すいしょうぶ)※1であるため、洪水時には護岸や既設水制工(すいせいこう)※2の洗屈(せんくつ)※3被害が発生していました。巨石積水制工などの整備により、近年では洗屈被害が軽減されています。
〔環境改善効果〕
親水をテーマにした前橋公園との一体的な整備により、「水と親しむ憩いの場」へとイメージアップされ、人々が集うのに相応しい水辺空間が創出されています。
※1河川の曲線の外側などで,流水が突き当たる部分。
※2堤防,護岸,河岸または河床を守るため,もしくは流水の方向を変えるため設置される施設。
※3流水や波浪により河岸、海岸または河床や海底の土砂が洗い流されること。
出典:観光社会資本の事例icon
関連する土木技術者:(特記すべき土木技術者はいない)

Rate this post

市街地の西を流れる利根川は、別名「板東太郎」といわれ、全長は全国2位、流域面積は日本一です。初夏には鮎釣りが楽しめます。
また、利根川河川敷を生かして造られた前橋公園親水ゾーンには噴水、池、滝などがあり、水と親しめる市民の憩いの場となっています。
出典:前橋リビングガイドicon

 

施設の状態:供用中
所在地:群馬県前橋市地先
アクセス:-
見学方法(開館時間、入館料等):

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        利根川(岩神地区)の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        河川敷地の占用※1及び許可工作物※2の設置・管理については、貴重なオープンスペースである河川敷地の利用が高度に進んでいる状況を踏まえつつ、動植物の生息・生育環境の保全、景観の保全にも十分に配慮し、河川敷地の多様な利用が適正に行われるよう、治水・利水・河川環境との調和を図っています。
        また、環境や景観に関する情報収集やモニタリングを適切に行い、河川整備や維持管理に反映させ、地域の魅力と活力を引き出す積極的な河川管理を推進しています。そのため、河川に関する情報を地域住民と幅広く共有し、防災学習、河川利用に関する安全教育、環境教育等の充実を図るとともに、住民参加による河川清掃、河川愛護活動等を推進しています。
        ※1法的に河川・道路などを占拠して使用すること。「ゴルフ場が河川敷を―する」
        ※2河川法の許可を受けて設置される工作物のことで、橋や堰、グラウンドのバックネットなどがあります
        出典:国土交通省

        その他