TOP > 関東 > 新都心大橋

新都心大橋

しんとしんおおはし

基本情報

鉄道を跨ぐ道路橋としては、我が国で初めて単弦ローゼ橋を採用した。出典)土木学会HP(http://www.jsce.or.jp/prize/tech/files/2009_21.shtml)

拡大写真
  • 新都心大橋
  • 新都心大橋
  • 新都心大橋
  • 新都心大橋

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:道路・橋梁
建設年:2009年(平成21年)3月
建設の背景(由来・ストーリー):大原橋から新都心大橋へ
旧大原橋は、1962年(昭和37年)の開通以来旧3市(浦和・大宮・与野)の関連道路として、また、JR(11線)の上空を跨ぐ跨線橋として重要な役割を果たし、市の発展に大きく寄与してきましたが、開通後45年が経過し老朽化が進んだことと、交通量の増加による慢性的な交通渋滞を解消するために、新しい橋が計画され2007年(平成19年)4月に解体撤去されました。

出典)橋のたもとの案内板
施設の役割:新しい橋は、さいたま新都心地域の東西の連絡を飛躍的に高める架け橋として、「新都心大橋」と命名され、交通渋滞の緩和・経済社会の活性化、また緊急物資輸送・災害時の避難通路・歩行者等の安全確保など、防災面及び市民生活に大きく役立つことが期待されています。

出典)橋のたもとの案内板
関連する土木技術者:企業者: 東日本旅客鉄道(株)東京工事事務所
設計者: 東日本旅客鉄道(株)東京工事事務所、ジェイアール東日本コンサルタンツ(株)
施工者: 前田・東鉄建設JV

出典)土木学会HP

Rate this post

新都心大橋は、東北本線与野とさいたま新都心駅間に位置する道路橋で、東北本線、京浜東北線等の計11線を跨ぐ橋長73.0mの単弦ローゼ橋です。

上部工:単弦ローゼ橋(鋼床版
下部工:橋台:(逆T式橋台)、ラーメン式橋台(橋脚
基礎工:場所打ち杭
橋長:73.0m
アーチライズ:12.0m

出典)土木学会HPicon
出典)橋と基礎 2009 vol.43

 

施設の状態:供用中
所在地:埼玉県 さいたま市 浦和区
アクセス:JR与野駅より
JR新都心駅方面に
約0.5km
見学方法(開館時間、入館料等):供用中

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        新都心大橋の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        解析モデルは図-2に示すような立体骨組モデルとしました。ただし、鋼床版については、一定せん断流パネル要素でモデル化しました。一般に、単弦ローゼは、剛度が異なる補剛桁間の軸力差により、鉛直荷重裁荷時に固定支承に水平反力が作用します。本橋では、この水平反力を生じさせないように、橋軸直角方向の固定は。G2桁のWA1およびWA2橋台とし、橋軸方向の固定は、GA2橋台のみとしました。
        出典)橋梁と基礎 2009 vol.43

        架設工法については、線路上空作業を低減するため、前例のない送出し工法を採用しました。

        出典)土木学会HP

        その他

        出典)橋梁と基礎 2009
        vol.43 P15