TOP > 関東 > 廿六木大橋・大滝大橋

廿六木大橋・大滝大橋

とどろきばし・おおたきおおはし

基本情報

2つの橋梁からなるループ橋

拡大写真
  • 廿六木大橋・大滝大橋
  • 廿六木大橋・大滝大橋
  • 廿六木大橋・大滝大橋
  • 廿六木大橋・大滝大橋

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:道路・橋梁
建設年:1996年~1998年(平成8~10年)
建設の背景(由来・ストーリー):大滝大橋:橋の場所が秩父市合併前に大滝村であったことに由来します。
廿六木大橋:かつてループ終端部にあり、道路付け替えのために全戸移転した廿六木集落の名に由来します。
施設の役割:滝沢ダム建設に伴い、水資源開発公団(当時)が国道140号の中津川上流部を付け替えた際、下流側の現道と約120mの高低差が発生することになったため、ここを接続するために建設されました。


関連する土木技術者:事業主体:水資源開発公団
設計会社:中央コンサルタンツ
施工会社:大成建設

Rate this post

この橋は滝沢ダム付替道路で秩父甲州往還の国道140号線の一部として計画されたもので、滝沢ダム直下流部に位置するループ橋であり、通称:雷電廿六木(らいでんとどろき)橋という名称で地元の人に親しまれ、奥秩父の新しい景観形成として地域の財産として期待されている橋梁です。ダムに近い上流側に位置する廿六木大橋は橋長270mのPC5径間連続ラーメン箱桁橋、下流側に位置する大滝大橋は橋長345mの同じくPC5径間連続ラーメン箱橋となっています。

出典:独立行政法人 水資源機構
icon

 

施設の状態:供用中
所在地:水資源開発公団滝沢ダム建設所
アクセス:国道140号線。秩父と山梨を繋ぐ雁坂トンネルの途中
見学方法(開館時間、入館料等):ループ橋の途中にパーキングがあり、車を止めて見学可能

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        廿六木大橋・大滝大橋の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        ループの中間部は山の斜面を削って路盤を建設しており、構造上はこの中間部を挟んで大滝大橋(おおたきおおはし)と廿六木大橋(とどろきおおはし)の2つの橋に分けられますが、全体で1つのループに見えるようなデザイン上の配慮がなされています。2つの橋の中央部はともに直線であり、全体としては中津川を渡る2つの橋を中間部のカーブで繋いだような線形を描きます。さらに、時間の経過とともに発生する雨水などによるコンクリートの汚れを、汚す場所と汚さない場所を意図してつくることによりデザインに取り込むように工夫されています。また夜間走行の安全性と環境への配慮を両立するため、街路灯は低照度のものが橋の側壁に埋め込まれています。

        出典:ウィキペディア

        その他

        出展:中央コンサルタンツ(株)