TOP > 関東 > 上信越自動車道 碓氷三橋(碓氷橋・赤松沢橋・遠入川橋)

上信越自動車道 碓氷三橋(碓氷橋・赤松沢橋・遠入川橋)

じょうしんえつじどうしゃどう うすいさんきょう(うすいばし・あかまつざわばし・とおいりがわばし)

基本情報

土木学会田中賞(1992年)

拡大写真
  • 上信越自動車道 碓氷三橋(碓氷橋・赤松沢橋・遠入川橋)
  • 上信越自動車道 碓氷三橋(碓氷橋・赤松沢橋・遠入川橋)
  • 上信越自動車道 碓氷三橋(碓氷橋・赤松沢橋・遠入川橋)
  • 上信越自動車道 碓氷三橋(碓氷橋・赤松沢橋・遠入川橋)

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:道路・橋梁
建設年:碓氷橋:1992年(平成4年)遠入川橋:1992年(平成4年)
建設の背景(由来・ストーリー):東京から富山・金沢などの北陸地方を結ぶ高速道路の最短ルートとなるため、単に関東地方と長野県北信地方・新潟県上越地方を結ぶだけにとどまらず、関東北陸間の物流の動脈としての役割も担う路線です。
北関東自動車道の全線開通後は、東北・北関東方面と東海・関西方面を、東京都内を経由せずに高速道路のみで往来できるルートとして重要度が増しています。

出典:ウイキペディア 上信越自動車道icon
施設の役割:東京から富山・金沢などの北陸地方を結ぶ高速道路の最短ルートとなるため、単に関東地方と長野県北信地方・新潟県上越地方を結ぶだけにとどまらず、関東北陸間の物流の動脈としての役割も担う路線となっています。

出典:ウイキペディア 上信越自動車道icon
関連する土木技術者:

Rate this post

碓氷橋:上信越自動車道の一部で横川SAと碓氷軽井沢ICの間にあり、全長は1,267メートルと上信越自動車道の中で最長橋であり、総工費は約100億円で1992年(平成4年)に完成しました。橋の下には旧・信越本線、国道18号、霧積川、碓氷川などがあります。
特に信越本線と霧積川にかかる222メートルの区間は景観を重視して斜張橋となっています。逆Y字型の主塔の高さは113メートルで、橋全体がゆるやかな曲線となっています。
出典:ウィキペディアicon

遠入川橋:碓氷バイパスを軽井沢から横川に向かって進むと、山々の間からひとつのアーチが姿を現します。それが上信越自動車道とバイパスの交点「遠入川橋」です。本橋が持つライズ比1/2.7の大きく湾曲したアーチ曲線は、その背景に鎮座する妙義山塊の厳しさの中に快い優しさを与えています。
出典:日本構造橋研究所HPicon

 

施設の状態:供用中
所在地:群馬県碓氷郡松井田町
アクセス:横川SAと碓氷軽井沢ICの間
見学方法(開館時間、入館料等):横川SAと碓氷軽井沢ICの間

周辺情報

周辺の歴史スポット

    周辺の観光スポット

      周辺の宿泊・温泉

        口コミ・写真

        上信越自動車道 碓氷三橋(碓氷橋・赤松沢橋・遠入川橋)の平均評価
        Rate this post

        レビューを投稿する

         

        Optionally add an image (JPEG only)

        社会科見学

        プロのみどころポイント

        技術的特徴

        碓氷橋:
        高速道路橋としては初めて採用された本格的な一面吊りのPC斜張橋で、高さ113mの曲線を生かした逆Y字型の主塔は上信越自動車道のシンボルタワーになっています。
        出典:鹿島建設HP

        赤松沢橋:
        形式:RC逆ランガー橋

        遠入川橋:
        形式:ローゼ橋
        橋長:477m
        最大支間長:167m
        特徴:部材を全工場塗装して、斜吊架設工法によりアーチリブを架設しています。スパン167mに対しライズが31mと高いアーチ橋になっています。

        出典:鋼橋技術研究会HP

        その他