TOP > 関東 > 関宿水閘門(せきやどすいこうもん)

関宿水閘門(せきやどすいこうもん)

せきやどすいこうもん

基本情報

利根川改修事業のシンボル

拡大写真
  • 関宿水閘門(せきやどすいこうもん)
  • 関宿水閘門(せきやどすいこうもん)
  • 関宿水閘門(せきやどすいこうもん)
  • 関宿水閘門(せきやどすいこうもん)

クリックして
画像を拡大

施設データ

分類:河川
建設年:1918年(大正7年)~1927年(昭和2年)
建設の背景(由来・ストーリー):1910年(明治43年)の大洪水として今も歴史に残る大惨事が関東を襲いました。
国は利根川の改修計画を改訂し、新たに江戸川の舟運路の確保とともに洪水の流下能力の向上を目的とする改修計画を策定しました。
関宿水閘門は、翌1911年(明治44年)からの江戸川改修工事により、江戸川放水路開削、河道拡幅、江戸川流頭部の付け替えの中で、 1918年(大正7年)の着工から1927年(昭和2年)の竣工まで約10年の歳月を経て完成したもので、利根川と江戸川の分流地点で江戸川の低水流量を調整しています。
出典:土木学会関東支部(関東の土木遺産)icon
施設の役割:江戸時代、江戸川流頭部で活躍してきた棒出しに代わり、利根川から江戸川に流れる水量を調節することと、船を安全に通すことを目的にしています。
関連する土木技術者:

Rate this post

江戸川が利根川から分かれる場所、つまり江戸川の起点付近にあるのが関宿水閘門です。
関宿水閘門は、江戸川を流れる水量を調節することと船を安全に通すことを目的に、1918年(大正7年)に着工し、1927年(昭和2年)に完成しました。実に9年におよぶ大工事でした。
当時の日本は、大型建造物がレンガ造りからコンクリート造りへと移り変わりつつある時代でした。
そのため、コンクリート造りの関宿水閘門は当時の建築技術を知る上でも貴重な建造物で、土木学会選奨土木遺産に認定されています。
水流を制御する水門には8つのゲートがあり、上流から見て右側に船が行き来する閘門が造られています。閘門の幅は10mで、長さ100mほどの水路の両側にゲートが設置されています。閘門は現在も動きますが、特別な場合をのぞいて使用されていません。  
出典:国土交通省江戸川河川事務所icon

 

施設の状態:供用中
所在地:茨城県五霞町山王地先
アクセス:東武野田線:川間駅から朝日バス(境町行き)で32分、関宿城博物館下車(片道510円)
車:千葉県立関宿城博物館に駐車し、管理橋を渡りすぐ。(徒歩5分程度)
見学方法(開館時間、入館料等):開館時間・入館料 なし

周辺情報

周辺の歴史スポット

  1. 関宿城跡:長禄元年(1457年)、簗田氏による築城が始まりとされています。三方を大河に囲まれ、守りやすく、攻めがたい優れた立地条件に加え、巧みな縄張りを備えた城だったといわれています。関宿城本丸跡に関宿城を示す石碑が建っています。
  2. 静御前の墓:栗橋の地で亡くなったと伝えられる源義経の内妻、静御前の墓。静御前はこの地の寺に葬られましたが、墓がないのを哀れんだ関東郡代が墓碑を建立したともいわれています。命日である9月15日には「静御前墓前祭」が行われています。
  3. マリア地蔵:文政3年(1820年)に立てられたといわれています。地蔵ですが、「イメス智言」の文字や、十字架や魚と蛇の信仰モチーフ、抱えている赤子などから隠れ切支丹の信仰対象であったと考えられ、切支丹研究家の間で注目されています。

周辺の観光スポット

  1. 千葉県立関宿城博物館:利根川と江戸川の分流点に位置する博物館。「河川とそれにかかわる産業」をテーマに河川改修や水運の歴史、流域の人々の暮らしぶりなどの資料を展示しています。関宿城を古い記録に基づいて再現した天守閣部分が特徴。
  2. 鈴木貫太郎記念館:太平洋戦争終結時の内閣総理大臣であった、鈴木貫太郎氏の記念館。館内には氏が愛用していた海軍時代や侍従長時代の礼服、また当時を偲ばせる遺品が数多く展示されている。白川一郎画伯の描いた「最後の御前会議」は見所です。
  3. 道の駅さかい:コシの強いそばとうどんがおすすめの軽食・喫茶コーナー、さしま茶や小麦饅頭などの特産品コーナー、無料休憩所など。農産物直売所には生産者が丹精込めて育てた新鮮野菜が豊富です。レンタサイクルのサービスも提供しています。

周辺の宿泊・温泉

  1. 百観音温泉:久喜市にある自噴温度57度の天然温泉。豊富な湯量と優れた泉質を誇り、すべての浴槽は源泉掛け流し。日本天然温泉審査機構より審査対象6項目すべてで五つ星を認定されています。日帰りの名湯として周辺の人々にも親しまれています。

口コミ・写真

関宿水閘門(せきやどすいこうもん)の平均評価
Rate this post

レビューを投稿する

 

Optionally add an image (JPEG only)

社会科見学

プロのみどころポイント

技術的特徴

基礎となる堰柱、翼壁ともにコンクリートが採用されていますが、隅石などには花崗岩の石張りが施してあり、見た目はレンガ造りの水門様式を残しているのが特徴です。
水流を制御するための水門には、8つのゲートがあります。水門は、スートーニー式鋼製ゲートで、当時は蒸気エンジン、現在はディーゼルエンジンで駆動します。
上流から見て右側には、船が行き来するための閘門も造られています。水門を境に利根川と江戸川の水位が違い、そのままでは船が通過できないため、水位を調節して船が通行できる「閘門」が建設されました。閘門の幅は10mで、長さ100mほどの水路の両側にゲートが設置されています。閘門は、マイター(合掌)式鋼製ゲートで、2門を手動で開閉するものとなっています。
出典:国土交通省江戸川河川事務所

その他